このページの先頭ですサイトメニューここから

  • 預けたい
  • 医療・健康
  • 手当て・助成
  • 遊び場
  • イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

妊娠したとき

更新日:2016年2月26日

妊娠したとき

妊婦

妊娠したときは次の手続きが必要です。

  1. 妊娠届出:保健センターに妊娠届をしていただきます。届け出ていただくことによって「母子健康手帳」が交付され、お母さんと赤ちゃんの健康管理が始まります。
  2. 受付日:毎週火曜日 午後4時から午後5時
    ※ただし、祝祭日にあたる場合は翌日を受付日といたします。
  3. 持参するもの:病院発行の妊娠証明書、保険証(写し)、銀行口座のわかるもの、印鑑、個人番号がわかるもの(個人番号カードまたは通知カード)、身元が確認できるもの(運転免許証等)

※なお、受付日に都合のつかない方は保健センターまでご連絡ください。
※平成27年10月からの社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の開始に伴い、平成28年1月1日以降、母子保健分野に係る事務において個人番号(マイナンバー)を利用することになりました。個人番号は、原則として妊娠の届け出時に記載していただきます。個人番号は、母子健康手帳の交付、健康診査、訪問指導(妊婦・産婦・新生児・未熟児等)、保健指導、低体重児の届け出において利用します。それぞれに必要な書類のご提示にご協力をお願いします。
※代理人の方が申請される場合は、上記の持ち物のほかに委任状が必要になります。

妊娠中の保健サービス

妊婦健康診査助成

 妊娠してから出産するまでに最低限必要な健診内容について妊婦健診受診券を発行しています。(一般健康診査(14回分)、歯科健康診査(1回分)) 医師の判断により、受けた検査内容によっては自己負担が生じることがあります。

妊産婦医療費助成

 妊娠証明を受けた日の翌日から出産した月の翌月末まで医療費の保険適用分を医療機関ごとに外来1回530円、入院1日1,200円の自己負担額を除いた額を助成します。支払った医療費の領収書、銀行口座のわかるもの、印鑑、妊産婦医療費受給者証をお持ちになり、町民課または保健センターで手続きをしてください。

妊婦訪問

 希望により保健師や栄養士が訪問し、相談に応じます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合わせ

湯沢町役場 税務町民部町民課
〒949-6192 新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地
電話:025-784-3453
FAX:025-784-2724

本文ここまで

サブナビゲーションここから

妊娠・出産

相談する

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

湯沢町役場 子育て支援課


〒949-6102 新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立1580番地
代表電話番号:025-788-0292 FAX:025-788-0030
フッターここまで